関節の動きが悪い時の原因と解消するための考え方

query_builder 2022/04/05
コラム
10

「関節の動きが悪い」「関節が痛い」と、悩まれたことはないでしょうか。
その症状はどのようなことが原因で、どのようにしたら解消されるのか気になりますよね。
そこで今回は、関節の動きが悪い時に考えられる原因についてお話します。

▼関節の動きが悪い原因
起床直後や長時間休んでいた状態から、体を動かそうとする際に関節の動きが悪くなることがあります。
「こわばり」という表現もされ、関節を可動する時に力が必要です。
また、こわばりは関節炎や関節リウマチなどの疑いがあります。

■関節炎
関節炎とは、過度な運動・肥満・加齢によって関節部へ負担がかかり、関節部に痛みを感じることです。
特に寒い時期に起こりやすい症状となります。

■関節リウマチ
関節リウマチとは、免疫の異常による関節の炎症で、腫れや激しい痛みが生じます。
放置しておくと機能障害を来すため、早めの対処が必要です。

▼原因が何かを知る
関節の動きが悪い時は、まずは原因を探ることが重要です。
病院や整骨院などで診てもらい、なにが原因で関節の動きが悪いのかを確認します。

むやみに動かすのは危険です。
逆に安静にしすぎると良くない場合もあります。
原因を明確にし、適度な運動やストレッチなど適切な処置をするようにしましょう。

▼まとめ
関節の動きが悪い場合、関節炎や関節リウマチなどの可能性があります。
まずは、専門家に症状を相談し、原因を知ることが大事でしょう。
関節の動きが悪い場合や、違和感や痛みなどがあれば、是非タキオカ整骨院へご相談ください。

NEW

  • 【枚方 肩こり 整骨院】松井山手 周辺でお悩みの方は

    query_builder 2022/04/22
  • 【枚方 腰痛 整体】長尾でお困りの方は

    query_builder 2022/04/20
  • 柔道整復師とは

    query_builder 2022/07/01
  • 柔道整復師はどこまでの施術が可能?

    query_builder 2022/06/22
  • 自律神経の乱れにより起こる疾患とは

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE